スノボー基本講座トップ

バインディング(ビンディング)の付け方

  1. バインディングにブーツをはめ込む。
  2. アンクルストラップ(足首の部分にある太いストラップ)を付けてしっかりと固定します。
  3. トゥーストラップ(つま先側にある細めのストラップ)を付けてしっかりと固定します。
  4. 続いて反対側の足も同じ手順で付けていきます。
  5. 両足ともしっかりとボードとブーツが固定されれば完了です。

スケーティング

バインディングの装着が出来るようになったら、さっそく雪の上でボードを滑らせてみよう!まずは平たんな雪の上での練習です。

1.バインディングの装着
まずはバインディングを前足のみに装着します。
2.立ってみよう
バインディングが装着できたら、後ろ足を前足のつま先側(雪上)に置いて、バランスよくしっかりと立ちます。身体は進行方向に向けます。
3.後ろ足で地面を蹴る
雪上に置いた後ろ足で地面を蹴って、ボードを前に滑らせます。
4.目線は進行方向
目線は常に進行方向を見ます。地面を蹴ることばかりに気を取られて足下ばかり見ないように気をつけましょう!
5.重心は前足の上に
蹴った後は、前足一本でボードに乗って滑るような感覚で。前足に重心をのせて、前足一本で立てるくらいのバランス感覚で滑ってみましょう。
6.二歩目を蹴りだす
平たんな場所では、一歩ではあまり進まないので、2回3回と蹴りだしてスピードをつけます。
7.強く蹴りだす
早く進むために、一歩を強く蹴りだし、前足でバランスよくボードに乗るれるように練習しましょう。
8.スピードをつける
何度か後ろ足で蹴りだしてスピードをつけて滑ってみます。

スケーティングのポイント

1.上半身をしっかりと進行方向に向ける
目線が進行方向を向いていても、上半身が横を向いたままでは、後ろ足を強く蹴りだすことができません。目線といっしょに、上半身(肩)も進行方向に開いてみましょう。前足重心でのバランスも取りやすく、後ろ足も断然蹴りやすくなります。また、膝をやわらかく使って滑りましょう。
2.前足1本で立てるくらいに前足重心
頭が前足より前に来て、上半身全体は前足の真上にある状態が正しいスケーティングです。この「前足重心」こそがスケーティングがうまくなるコツです。逆に言えば、スノーボードに慣れないころは、ボードの上でこのようにバランスを取ることが難しく、うまくいかないとも言えます。スケーティングを頭で理解したら、あと実践あるのみ。慣れればすぐに出来るようになるので、どんどんトライしていきましょう!

次へ:サイドスリップ(横滑り)について

ツアーメニュー
その他メニュー
ページトップへ